【留学希望者必見】ネイティブがよく使う表現12選

外国人が日本語のイディオムを使っていたらおー、おぬしやるのーって感じになりません?
英語でも友だちにイディオムを使うとそんな感じになって会話が盛り上がります。
今回は学校では教えてくれないであろう英語表現のうち12個を紹介しています。

こんな人におススメ ・これから英語圏に留学予定の方。
・英語のイディオムを知りたい方。 →これらに当てはまる方の参考になればうれしいです。

   

① A bitter pill to swallow

  直訳すると、苦い薬を飲みこむという意味です。

つまり、受け入れるのが難しいことを受け入れるということです。

(例)
I am better than her, but she got the achivement award last month.
It was a bitter pill to swallow.

② To give someone the cold shoulder

誰かを意図的に無視したり、非友好的な態度をとったりすることを表すフレーズです。

例文は気にくわない人をずっと無視しているということです。

(例)
I didn't like the way he spoke to me the other day, so I've been giving him the cold sholuder.

余談ですが、the other dayは先日という意味です。

なかなかの粘着気質ですね😅

③ See eye to eye

同意するという意味です。

(例)
They finally saw eye to eye on the business deal.

④ The ball is in your court

次のアクションはあなた次第ですよ。というときに使われるフレーズです。

(例)
The ball is in your court whether you decide to get a divorce or not.

⑤ To take with pinch of salt

完全に信じることができないというときに言われるフレーズです。

例文は、いつも誇張する彼を完全に信じることができないということを言っています。

(例)
I take what he says with a pinch of salt usually because he exaggerates a lot.



⑥ Out of the picture

もう関係ない。無関係だという意味の表現です。

(例)
My father has been out of the picture since my parents got divorced.

⑦ Once in a blue moon

とても珍しいという意味です。

例文は彼が本当にまれにしか来ないという意味です。

(例)
He only comes once in a blue moon.

⑧ To be over the moon

本当にうれしいというときに使われるフレーズです。

うれしすぎて、月の向こう側に行ってしまったのかもしれないですね。

(例)
When I heard I passed the exam I was over the moon.

⑨ When pigs fly!

飛べない豚はただの豚なのさ…

冗談はさておき、これはありえないことをあらわす表現です。

豚が飛ぶくらいありえないということですね。

例文は、宝くじが当たるといっている友だちにありえない!と言っているところです。

(例)
A;I'm going to win the lottery.

B;When pigs fly!



⑩ To take a rain check

誘いを断るときの表現です。

ネイティブに意味を聞いたときに、do next chanceと言っていたので、日本語にすると「またの機会に。」といったところでしょうか。

(例)
I'm going to have to take a rain check on our trip to the beach.

I have to go to see my family.

It's not rocket science

それはロケット科学ではない。

つまり、簡単だという表現です。

カナディアンにIt's not rocket scienceといったら、It's rocket scienceと返ってきたので、そういう言い方もできる模様😅

おそらく冗談として。

(例)
A;How do I turn on this TV?

B;Come on. It's not rocket science. Use the remote.



Have butterflies in my stomach

おなかの中に蝶がいる。

つまり、そわそわしているというニュアンスを伝えた表現です。

緊張してそわそわしている。落ち着かない。というときに使えます。

好きな人に話していて、ドキドキしているときも使えます。

英語では心がドキドキするのでなく、おなかがそわそわするのですね。

(例)
When I talk with you, I have butterflies in my stomach because I love you.



英語学習について

 これらの言葉は留学に来たからこそ知ることができた表現です。

言語学習って教科書だけの勉強だとわからないことって多々ありますよね。

こうした活きた英語を学ぶことができるので、留学はいい方法だと思います。

留学するとお金がかかるとちゅうちょしている方は、スマ留のように格安で留学を提供しているサービスもあるので、調べてみるといいと思います。

格安留学サービス「スマ留」

また、留学まではいかなくても日本にいながら、生きた英語を学びたいという方にはオンラインクラスがおススメ。

オンラインクラスだと格安でネイティブイングリッシュスピーカーと会話することができます。

二つおススメのオンライン講座を紹介します。

【Preply】
Preplyは講師自身が値段設定できるので、価格競争がおきて授業料が安くなっています。

なかには一時間当たり3アメリカドルで価格設定している人もいるので、こういうところを使うと出費を抑えながらネイティブとかかわることができます。

母国語が英語といっても住んでいる場所によってなまりが違いますね。

そこはビデオの講師紹介で確認できます。

また、トライアルをしてからの契約になるので、そこも安心できるところかと思います。

↓ここにサイトを載せています。
Preply

【キャンブリー】
なかには、忙しくてなかなかレッスンの時間がとれないという人もいるでしょう。

そんな人には、キャンブリーがおススメ。

ここなら週一15分から授業時間を設定できるので、フレキシブルにレッスンを組むことができます。

予約なしで24時間いつでも受講可能!【Cambly(キャンブリー)】

時間がないお金がない。
でも、できればネイティブスピーカーと勉強がしたい。
といった人はこうした工夫をしているレッスンを考慮に入れるといいかもしれないですね。

また、オンラインではいまいちやる気が上がらない。

校舎に通って対面で会話がしたいという方もいるかもしれませんね。

そういう方にはNOVAのように校舎数がたくさんある場所が通いやすいかもしれないですね。

NOVAは安心の月謝制 まずは体験レッスン!

以上です。
これから英会話の勉強を始めたい人のお役に立てたらうれしいです。
では、また~





 前回記事。よく使われれるイディオムを11個紹介しています。

 次回記事。英語のイディオム紹介シリーズ第三弾。7個のイディオムを紹介しています。


戻る