[語学留学編23]魅力満点トロントの水族館

    トロントには、博物館や動物園、水族館と遊べるところがたくさんあります。 今回は、水族館がどのような様子だったかをまとめています。

水族館の場所と料金

 2019年1月14日日曜日。友だちと一緒に水族館に行きました。

トロント水族館はダウンタウンにありまして、有名なCNタワーの真下にある感じです。

トロントの地下鉄は南北を結ぶ黄色線と東西を結ぶ緑線の二つのラインがあり、黄色線の南行きに乗ります。

黄色線はUの字になっているので、Uの字の本当一番下の駅ユニオン駅で降ります。

Uの字の一番下の部分なので、どこから乗っても南行き、south boundです。

そのユニオン駅から徒歩10分くらいのところに水族館があります。

ロジャースセンターやCNタワーの近くなので分かりやすいかと思います。



このように近くでCNタワーを眺めることができます。

我々は夜の7時を過ぎて入りました。

なぜなら夜の7時を過ぎて入ると、料金が若干安くなるから。

通常料金は大人39ドル。約3200円。

夜間料金は大人32ドル。約2560円。

おおよそ700円ほどお得な価格となっております。

詳しくはここの公式サイトを見てください。
トロント水族館

水族館内を案内

 水族館の中は、残念ながら日本のようにイルカショーのようなアクティビティはありません。

ペンギンもいません。(動物園にはいます。)

でも、中は広くたくさんの海の生き物を楽しむことができます。

この海のトンネルを通ってるいるかのような通路。

真下から魚たちを眺めることができます。


上を見上げると大きな魚がいる。

迫力満点です。

個人的にカメが好きなのでカメの写真。

近くで見れて迫力がありました。

このお魚さんはなんでしょう??

くらげコーナーもあります。

優雅に泳ぐくらげをじっとみてるとなんだか引き込まれそうな、不思議な感覚になりますね。

いろんな色に変化してきれいなので、
ぜひくらげコーナー行ってくださいね笑

金魚もいました。

 という感じで、多くの魚を楽しむことができます。

日本のショーのように迫力のあるイベントはないけれども、

滑り台があったり笑、くまのみの水槽を内側から眺められたり

友だちといけば、楽しく回れると思います。

せっかくトロントに来たので一度は行ってみてくださいね。

ではまた~





前回記事:[語学留学編22]トロントで唯一の児童英語教授法クラス、TYCPの

次回記事:[語学留学編24]ブラジル料理が楽しめるレストランを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です