[ワーホリ編36]トロントから3時間。常夏のキューバへ。キューバの観光地バラデロ紹介

    悲劇のキューバ編最終回。
    前半部分でバラデロの紹介をしています。
    後半部分、まとめのところでロスバケの対応についてなどを話します。
こんな人におススメ
  • キューバ旅行に関心のある方。
  • オールインクルーシブのサービスを知りたい方。
  • ロストラッゲージに見舞われてしまった方。
  • バラデロに興味のある方。
  • →これらに当てはまる方の参考になればうれしいです。

キューバ旅行最終日inバラデロ

パラデロダウンタウンへの行き方

 2020年2月28日。今日がキューバ旅行最終日です。

前日の夜、ハバナから帰ってきたらようやく私の荷物がホテルに届いておりました。

というか、明日で帰るんだけどと思いつつ荷物を受け取ります。

ホテルのスタッフの人も翌日帰るとしって苦笑いしております。

まぁ、バラデロ観光は持ってきた着替えで観光できるということでよしとします。


翌朝、最後の朝食バイキングをすませてバラデロへと出発します。

VaraderoBeachTourというところがバラデロとホテルをつなぐ周回バスを出しています。

このバスを使えばどこまで行っても5ペソ(約500円)でバラデロのダウンタウンまで行くことができます。

また、最初に5ペソを払った時にチケットをもらえるので、それさえなくさなければ何回でも乗り降りを繰り返すことができます。

これがバスのストップサインです。



天気がよければ、二階に座ることをおすすめします。

風が気持ちいし、きれいな海を眺めることができます。

しかし、二階は人気も高いので、タイミングによって埋まっているし、日差しもなかなか強いです😅

それでも、眺めは抜群なのでおススメです。


パラデロのショッピングモールPlaza America

まずやってきたのは、ショッピングモールです。

ここに特に何かあるわけではありません。

小さな小さなモールです。

しかし、ここの近くにビーチがあってそこから眺める海はかなりきれいでした。

私が行ったのがくもりの日できれいに写真が撮れなかったのですが、グーグルマップに晴れの日の海の写真が出ていたので、関心のある方はご覧になってみてください。

ホソネ公園

湖のある公園で、ゆったりと散歩するのにいい場所だと思います。

公園の中にお店もあります。

また、メインストリートから少し裏に入るとキューバの生活を垣間見ることができる気がします。

Parque de Las 8000 Taquillas

この公園の近くにショッピングモールがありまして、買い物を楽しむことができます。

私が来たときは、バイクが集結していて何かのイベントが行われていました。

もしかするとたまにイベントを行っている公園なのかもしれませんね。

公園の近くの海も載せておきます。

その他

おススメのお土産を買うスポットの一つは市場に行くこと。

バラデロダウンタウンでは結構な頻度で、市場を見かけました。

市場でものを買うときは、現金で支払うことになりますが、おつりをもらうときは気を付けてください。

キューバには、観光客用と現地の人用の2種類のお金があって価値が全然違います。

私は、現地用の1ペソが戻ってきていることに全く気付かず、少し損をしました。

キューバ旅行まとめ

5泊6日のキューバ旅行もいろいろトラブルはありましたが、無事に終わりました。

旅行全体のまとめです。

ロスバケ体験

いつまでたっても一向に荷物が出てこないと焦ると思います。

まずは、冷静に空港内を探してみましょう。

置き去りの自分のではない荷物があれば、間違ってもっていかれた可能性があります。

荷物がなければ全く違うところに連れていかれている可能性が高いです。

いずれにせよ、ほぼほぼ荷物は返ってくるようです。

旅行会社のスタッフに相談しましょう。

空港のスタッフは別に何かをしてくれるわけではありません。

旅行会社の人に相談した方が早いです。

紛失届を作成するときに荷物の形状や色を聞かれるので、答えられるようにしておきましょう。

ぎりぎりに空港につくと、ロスバケのリスクが高まるらしいので、時間には余裕をもって空港にいきましょう。

万が一荷物が見つからず、完全に紛失となったとき補償はあります。

しかし、中身の価値ではなく、重さで補償額が決まるようです。

念のため、ロスバケにも対応してくれる旅行保険に入っておくと安心ですね。

wifiについて

まわりにwifiはありませんでした。

ホテルにはwifiがありますが、1時間1ペソだったと思います。

せっかくバカンスにきているのだから、使うなということかもしれませんね…

冗談はさておき、自分で観光に出かけようという方はオフラインでも使えるマップをダウンロードしておくと役に立つかもしれません。

お金について

ホテルではカードが使えますが、いったん街に出るとキャッシュオンリーのところが多いです。

観光用のキューバペソはアメリカドルと同じ力があるので、カナダドルよりも強いです。

現金をなるべく多めに持ってきておいた方が安心かもしれません。

また、観光用と現地の用の二つのペソが存在します。

お金の価値がまるで違います。

おつりをもらうときは注意しましょう。

お土産について

私のおススメするお土産は以下の三つです。

・キューバコーヒー
素朴な味がします。
わたしは好きでした。

・ラム
キューバといえばラム。
特にハバナクラブは有名です。

・革製品
財布などの革製品が有名なキューバ。
お気に入りの一つが見つかるといいですね。

以上です。
キューバに行くならアメリカナイズされる前の今がチャンスといわれています。

機会があればみなさんも行かれてみてください。

では、また~

海外旅行に興味がある方は、こうしたサイトから安く予約することができるので参考にしてみてください。

海外旅行に行く前に必ず必要になる保険。
海外旅行付帯付きクレジットカードなら3か月間保証されますよ。

旅に必要なものはここからレンタルできます。
無理に買いそろえる必要はありません。





前回記事:キューバの首都ハバナのおススメ観光スポットをのせています。

次回記事:カナダでワーキングホリデーをすすめる理由について書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です