留学中病気になったらどうする!?トロントで病院の行き方徹底解説

頼れる人のいない遠いカナダの地で病気になったらどうしたらいいのだろうと心配になりますね。

今回はトロントでの病院の行き方や保険について日本語の通じる病院などについて解説します。

この記事を読み終わるころには安心して病院に行けるようになっていると思います。

こんな人におススメ
  • トロントに留学中の方
  • 日本語の通じるおすすめの病院をお探しの方。
  • どうやって病院に行ったらいいのかを知りたい方。

日本とカナダの病院の違い

日本とカナダの医療制度大きな違いの一つは、カナダでは専門医に初診で見てもらえないということでしょう。

例えば、目が痛いという日本なら眼科に最初から行きますよね。

しかし、カナダでは最初にファミリードクターあるいはウォークインクリニックに行って総合診療医に見てもらいます。

歯科以外の最初の診断はファミリードクターあるいはウォークインクリニックで受けることになります。

そこで診察を受け、薬を処方してもらいます。

専門医の治療が必要な場合は、そこで紹介状を書いてもらって専門医の診察を受けます。

(噂によると精密検査を受けるのに何か月とか、かなり長い時間待たされるようです。だからER(救急病院)に行って、精密検査を受ける人もいるようです。救急は優先順位の高い人から見られるので、何時間、何十時間と待つことになるけど、それでも普通に待つよりかは早いのだとかなんとか…)

正直目が痛いのに、コロナも広がる中どうして普通の病院に行かないといけないんだとも思いますが、そういうシステムだからしょうがないですね。

日本語の通じる病院

① Wellness Kizuna

トロントの北の方、North York Centre駅の近くにある病院です。

日本人の看護師さんがいて、お医者さんの診断を日本語で説明してくれます。

LINEで連絡して、予約をとります。(日本語です。)

私が行ったときは、待ち時間なしですぐに見てもらいました。

LINE ID: @WELLNESSKIZUNA

ホームページ:Contact – Wellness Kizuna (wellness-kizuna.ca)

電話番号:647-628-0023

なお、日本の海外旅行保険に入っている方は、キャッシュレスで診断を受けることができます。

② Trans Med

トロントのミッドタウンにあるクリニックです。

提携病院に通訳を派遣するサービスも行っているようです。

まずは、電話あるいは予約ホームから予約して日時・場所を決めましょう。

ホームページ:カナダ(バンクーバー・トロント)の病院やクリニックで日本語の医療通訳サービス|Trans Med(トランスメッド) (transmedcanada.com)

電話番号(日本語):416-820-5448

日本の海外旅行保険に入っていれば、キャッシュレス診療が可能です。

*どちらのクリニックも平日診療なのでお気をつけください。

*日本の海外旅行保険に入っていない場合は別途通訳費がかかるようです。

支払方法と保険

基本的に治療を受けた後に自分で医療費を立て替えます。

おそらく150ドルくらいだと思います。

その後、自分で保険会社にクレーム(保険代の申請)を行います。

詳しくは各保険会社の規約を読んでいただきたいのですが、私の入っているJF insuranceさんの場合は、レシートの原本、診断書(メディカルレコード)のコピー、処方薬レシート原本が必要になるので忘れないように受け取るようにしましょう。

紙のクレームフォームやウェブフォームから申請できます。

JF insuranceさんの場合ウェブフォームからの申請は金額の上限があります。

自分でクレーム申請するって地味に面倒くさいですよね。

立て替えないといけないのもつらい。

そういう時は、各保険会社が提携を結んでいる病院に行きましょう。

提携病院に行くと、病院が代わりにクレームを出してくれるので、自分で支払う必要はありません。

(ただしやっぱり薬代は自分で申請しなければなりません。)

日本の海外旅行保険に入っていれば上で紹介した日本語の通じる病院でキャッシュレス診療を受けられるので安心です。

*状況が許すなら保険会社に電話して保険金の対象になるかを確認しておいた方がいいです。

*精密検査を受けるときは、保険会社の事前承認が必要になるかと思います。
よく規約書を読んで、必ず保険会社に連絡をいれるようにしてください。

コロナウイルスの症状が出たら

ここではトロントでコロナウイルスの症状が出た時の話をしています。

もしコロナウイルスの症状が出た場合、連絡なしで病院に行かないようにしてください。

あなたが濃厚接触であるなら、接触が分かった時点でCommunity Assessment Centreに連絡してコロナの検査を手配します。

濃厚接触者の場合、薬局での検査は行えません。

 濃厚接触者でなくコロナウイルスの症状がある場合、COVID-19自己評価があるので、そちらを受けてみてください。

この質問票を通してコロナ検査を受けるかどうかを決めます。

濃厚接触者ではない場合、Toronto Public Health または医療従事者から10日間の自己監視指示を受けるかもしれません。

その時は、自己監視の方法に従ってください。

 コロナウイルスのほかの症状も現れるのなら、家族も一緒に自己隔離を行います。

テストで陰性になるか症状が始まってから10日間が経つまで自己隔離を行います。

免疫不全があったり、入院が必要であったりした場合は、20日間自己隔離が必要です。

家族もセルフアセスメントツールで症状を確かめてください。

自己隔離に関しては、自己隔離の方法に従います。

Toronto Public Healthが自己隔離終了の日を教えてくれると思います。

 コロナの検査を受けて陰性が出た場合も症状がよくなって24時間は自己隔離を続けます。

吐き気や嘔吐、下痢、腹痛といった症状を経験した場合は陰性の結果を受けた後も2日間(48時間)自己隔離を続けます。

これらの情報はトロント市のウェブサイトから引用しています。

命に関わる非常に大切なことなのでご自身でも元の情報を必ずお確かめください。

まとめ

トロントの病院まとめ
  • 歯科を除いて初診はファミリードクターかウォークインクリニックに行く。
  • 精密検査を受けるにはものすごく時間がかかる。
  • 保険会社が提携を結んでいる病院だとキャッシュレス診療が可。
  • この記事がみなさんのお役に立てたらうれしいです。

    では、また~





    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です