ワーホリ準備、必要な持ち物まとめ


 私が留学するときに気になったのが、持ち物でした。

何が必ず必要で、どんなものがあったら役に立つのか。

前回の記事では留学(特にカナダで)あると便利なものをお伝えしました。

今回は必ず必要となるものをまとめています。

留学前のチェックにお役立てください。

合わせて読みたい記事

こんな人におススメ ・留学予定で必要なものをまとめている方。
・持ち物の最終確認をしている方。
→これらに当てはまる方の参考になればうれしいです。

 

パスポート

 いわずもがなの必需品です。

有効期限を確認して、滞在期間をカバーしているか必ず確かめましょう。

少なくとも3,4か月前には準備しておきましょう。

航空券

 念のためプリントアウトしたものも持っていきましょう。

航空券についての詳しい話は下の記事でしているので、合わせてご覧ください。

ビザ

 ワーキングホリデーや学生ビザ関連の書類を必ず手荷物でもっていきましょう。

カナダであれば、バイオメトリックの証明書も忘れないように持って行ってください。

カナダに観光ビザで入国予定であれば、Etaの申請を忘れないように気を付けてください。

学校の入学許可証

 学生ビザの入国であればほぼ間違いなく提示を求められると思います。

持っていなければ別室送りになる可能性もあるので、必ず手荷物でもっていってください。

日本の運転免許証

 留学先で免許を取得する場合、日本の運転免許証が必要となります。

現地の身分証明書になるので、現地の免許を取得すると何かと便利です。

なおオンタリオ州(トロントのある州)に留学予定なら、国際免許は必要ないと思います。

オンタリオ州では国際免許が三か月しか使えないので。

健康保険証明書

 カナダのワーホリ入国であれば健康保険証明書の提示を求められることがあります。

カナダワーホリの必須条件となっているので、証明書がなければ強制送還される可能性もあります。

必ず手荷物でもっていきましょう。

クレジットカード

 カナダはカード社会です。

現金を持ち歩くことはほとんどありません。

ワーホリで機会があるかわかりませんが、ホテルのデポジットとして情報を求められます。

なので、一枚はもってきておくべきです。

(ビザとマスターカードと一枚ずつあるのが望ましい。)


お金

 現地でも換金することは可能ですので、日本円と現地のお金と両方もってきておきましょう。

なお、ワーホリの場合現地で銀行口座を開設すると思います。

現金は必要最低限の分だけもってきておいて、あとは海外送金した方がお得です。

留学で必要なものまとめ

留学先で必ず必要になるものも確認をしましょう。
留学で必要なものまとめ
  • パスポート
  • 航空券
  • ビザ
  • 学校の入学許可証
  • 日本の運転免許証
  • 健康保険証明書
  • クレジットカード
  • お金
  • そのほかワーホリ時にもってきて便利だったものについては下の記事で解説しています。

    合わせてご覧ください。










    SNSもしています。
    よかったらフォローしてください。
    Twitter:@ryokouki2
    Facebook:@ryokouki
    Instagram:@kimamaniryokouki
    Instagram(英語学習用):@meganeglish


     前回記事。【カナダワーホリ準備】おすすめの持ち物20選、印刷可の持ち物リスト付き

     次回記事。いつから始める?ワーホリ準備することまとめ

    合わせて読みたい記事

    PARTS

    留学エージェントの選び方とおすすめの留学エージェントまとめ

     留学エージェントは頼った方がいいのかな。
    どこの留学エージェントに頼んだらいいかな。
    留学の第一歩である留学エージェント選びに不安を感じている人もいるかもしれないですね。
    このページには留学エージェントでの無料カウンセリングの様子や資料の求め方等をまとめています。
    これから留学エージェントを探す方の参考になるとうれしいです。



    PARTS

    留学前に英語を学んでおくべき4つの理由

     みなさん留学前にいろいろな理想を抱いていると思います。
    でもその理想、実は今の英語力と大きくかかわっているかもしれませんよ。
    それがどういう意味かここで解説しています。



    PARTS

    保険料とおすすめの保険会社を大公開

     保険ってどうしたらいいんだろう。
    どれくらいお金かかるのかな。
    気になることの一つですよね。
    今回はおすすめの保険会社とかかる費用について紹介しています。






    戻る